主催者:やっぺし釜石@佐々木&飲食店代表:港区南青山;ジャズバーM

団体としては2011年8月から現在(2013年1月)でも支援を継続しています。

会員29名で2012年4月28日(土)-30日(月)(3連休)釜石市へ 

釜石市の街外れにある仮設住宅の皆さんへ地元市会議員さんの協力でボランティア活動をしました

詳細はここから

※仮設住宅 釜石市甲子町
※障害者施設・特養ホーム・高齢者専門ホーム等

大槌町吉里吉里三陸園(特養)・釜石市自立支援「大松」
前夜に岩手県へ入り、東和町にて集合し2日間にわたり、支援活動をました。


【支援計画】
参加の基本:自己完結なので、自費参加が条件になります。

①釜石市の町はずれの仮設住宅の皆さんを対象に行いました。
ハンドリフレケアチーム:手揉みにより精神的安らぎと被災体験をされた方と会話をしました。
Aグループ:29日午前中釜石市甲子町などで実施・さらに医療者グループは吉里吉里町の特養ホーム。
Bグループ:仮設住宅内の「お茶っこサロン」にて、来場者へ対して手もみを行い、体験談を聞いたりしました。
このメンバーには看護師・歯科医師・理学療法士・医師が一緒に行き、健康相談なども行いました。

 

津波により家を無くされた方が、抽選によりそれまでに一緒にいた町内の人と別れ別れになってしまった人たちが、お互いのお付き合いを新たにしなければなりません。

その方々のコミュニケーションはとれてきたと思いますが、その手助けをしようという支援です。

 

②音楽チームによる「音楽と市民交流会」(残念ながら中止となりました)

③ハンドリフレケアチームの参加者9名になりました。

※ハンドリフレ
手によるマッサージ効果は足つぼとほぼ同じくらいの効果があり、心の安らぎを得るのに有効でした。


④今回の支援は団体として初めての活動です。
2011年の活動はサイト管理者と医療チームが緊急時の支援を行っていました。

 

2012年4月末の活動参加者リスト
医療関係者 ハンドリフレケア お話し隊(病院) 歯科技工士 地元 合計
10名 9名 4名 4名 2名 29名
歯科医他 ハンドリフレ 健康相談 義歯 案内  


【参加者】
リフレケア:首都圏の社会人・主婦・リフレクソロジー経営者の皆さんです。
お話し隊:「ハンドリフレケアに同行」健康相談と被災時の話を聞く。
歯科医・看護師は在宅専門医も含め、健診と心のケアを担当をされます。
医療班は吉里吉里町・甲子町を主に活動です。

合計29名の参加が決まりそれぞれの役割で各仮設住宅へ分散して支援にあたってもらいました。
参加者はボランティア保険に全員加入してもらっています。
地元駐在員として地元在住の方にお願いをして、バックアップをしてもらいました。


主催者連絡先リスト

事務局:東京都墨田区墨田4-2-4-201 電話番号:03-3610-5950